ホノルルマラソンの開催による経済効果は?

ホノルルマラソンには、約30000人以上の参加者があり、その半数以上が国外、特に日本からの参加者が占めているため、経済効果もかなりの金額が試算されています。

ホノルルの市長は、2015年の12月に1億3千万ドルの経済効果を期待していることを公表していました。

ホノルルマラソンの経済効果の増減には、日本人の参加人数が大きく影響していて、2000年代初頭には、ニューヨークでのテロの影響や、その後の円安ドル高の影響などで、日本人参加者数の減少傾向が続いていました。

その減少傾向が、2015年ごろから底打ちをした感じとなり、日本人の参加者の増加が期待されており、それによる経済効果の拡大が、その後の大会で期待されています。

スポンサーリンク
honolulumarathon1973レクタングル大

ホノルルマラソンの経済効果は、日本人次第?

ホノルルマラソンの経済効果は、日本人次第でその効果の規模は拡大も減少もするといわれるほど、ホノルルマラソンは日本国外のレースでありながら、日本人の大会の様相を呈しています。

日本での円安ドル高の影響、テロへの恐怖で2000年代初頭には、確実に日本からの参加者が減少していて、ホノルルマラソンの経済効果も減少していました。

日本人が、ホノルルマラソンに参加する際の為替レートは、参加者にとっては大きな問題で、円安の場合には、参加に躊躇するランナーも多くなります。

現在では、1ドル110円前後に落ち着いた為替のため、2015年の大会頃から日本からの参加者の減少が緩やかになっています。

昨年2017年の大会では、日本人の参加者は11000人を超えており、ピーク時の半分とはいえ、かなりの経済効果の影響を与えています。

ホノルルマラソンを1日開催することで?

ホノルルマラソンを1日開催することで、約100億円の経済効果があるとされ、その内ハワイ州の税収として約5億円が計上される試算がなされています。

ホノルルマラソンには、日本人の参加者がかなりの人数を占めていますが、世界約50カ国からの参加者が集結しますので、交通機関から宿泊施設やそれに関連した産業には、大きな経済効果が期待されるわけです。

しかしながら、参加者の人数には、為替レートや世界情勢など、さまざま要因で毎年変化します。

ホノルル市にとっても、税収に影響を受ける重要なマラソン大会ですが、その鍵となるのは、日本人の参加者の動向といえます。

ホノルルの魅力は、1ドル120円といった円安ドル高を跳ね返す大会なのかは、今後のランナーの参加人数動向で判断できます。

ホノルルマラソンの開催は、ホノルル市の税収にも?

ホノルルマラソンには、世界各国からの参加者が多く、その中でも日本人の参加は突出しています。

そのため、ホノルルマラソンの経済効果の推移は、ホノルル市の税収にも影響を与えます。

ホノルルマラソンを1日開催することで試算される経済効果は、約100億円ともいわれますが、この数字は、日本人の参加者の動向が左右します。

ホノルルマラソンの経済効果の増減には、為替レートや世界情勢の動向も大きな影響を与えますが、それを決めるのは日本人かもしれません。

スポンサーリンク
honolulumarathon1973レクタングル大

honolulumarathon1973レクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする