ホノルルマラソンへの芸能人参加者は?結果は?

ホノルルマラソンは、昨年12月に45回大会が開催され、これまで多くの芸能人参加者のドキュメンタリー番組として放送され、多くの日本人ランナーのあこがれる市民マラソンの一つとなっています。

個人的には、子供の頃、テレビでドリフターズのメンバーが走っている姿をみて、ホノルルマラソンの存在を知り、結婚前の郷ひろみさんが目標時間を明言して大会に臨む姿をみて、自分もいつか走ってみたいと思い、数年後にレースに参加するきっかけともなりました。

昨年には、フィギュアスケートを引退した浅田真央さんや女優の高梨臨さんといった芸能人参加者が名を連ね、それぞれの結果につなげています。

ホノルルマラソンに参加する日本人の割合が多いのも、こういった芸能人参加者を中心とした特番の放送の影響かもしれません。

スポンサーリンク
honolulumarathon1973レクタングル大

ホノルルマラソンを特番としたテレビ局には?

ホノルルマラソンを特番としたテレビ局には、大会初回から1989年まではフジテレビがスペシャル番組として放送し、ドリフターズのメンバーがマラソンへの参加も含め、進行役もこなされていました。

その後、90年代に入るとスペシャル番組として、TBSが毎年違うナビゲーターによって、芸能人参加者を中心としたドキュメンタリー番組の形式で放送しています。

私が参加した22回大会では、私のゴール時間がちょうど日テレの松本アナと同じくらいの時間帯で、当時、日本で生放送されていたズームイン朝で、ゴール地点周辺を生中継している現場にも遭遇しました。

ホノルルマラソンに参加すると、あちこちで芸能人参加者に遭遇することも多く、南国の島の開放感の中で、非日常の空間が広がっていることも、ホノルルの魅力です。

ホノルルマラソンでの芸能人参加者の結果は?

ホノルルマラソンでの芸能人参加者の結果は、走る人それぞれですが、特番で完走タイムを見て驚いたのは、郷ひろみさんの結果でした。

多くの市民ランナーが、7時間前後での完走タイムとされている中、3時間38分台での結果をだされたことに、当時高校生だった私は驚いたのを覚えています。

多くの芸能人参加者は一般の市民ランナーよりも、普段から体を動かしているためか、専属のトレーナーをつけた練習の成果なのか、特番に登場する芸能人の多くは、好結果でのゴールシーンが多い印象があります。

マラソンに参加する芸能人といえば、間寛平さんの印象がありますが、ホノルルマラソンでは、それほどスピード結果を求められていないのか、完走タイムも4時間ソコソコといった結果です。

ホノルルマラソンに参加する日本人が、90年代まで右肩上がりに増加した理由には、芸能人参加者の特番での放送と、一般参加者のゴール結果を身近に感じることができたためかもしれません。

ホノルルマラソンには、芸能人参加者も多い!

ホノルルマラソンには、芸能人参加者も多く、毎年さまざまな人が、それぞれの理由での参加をしており、それをテレビ局が特番として放送します。

芸能人の多くは、一般的な市民ランナーの結果よりも早いタイムでの完走が多いものの、人それぞれです。

ホノルルマラソンのエントリー申し込みの際、肖像権の使用許可へのサインを求められるのも、芸能人参加者を含めた映像を記録し、放送するためといえます。

スポンサーリンク
honolulumarathon1973レクタングル大

honolulumarathon1973レクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする