ホノルルマラソンの人気の理由は?何が魅力なの?

ホノルルマラソンは、毎年12月の第二日曜日に開催され、日本からも毎年1万人以上の参加者が訪れる人気です。

ホノルルマラソンを目指すランナーの多くは、テレビの特番やマラソン大会関係のさまざまの情報から、一度は走ってみたいと思える理由がそこにある大会です。

ホノルルマラソンの初回大会は、地元の医師が健康増進を目的としたロングスローディスタンス走法を実践指導するために、約160人ほどの参加者からスタートしています。

そのため、走るタイムを競うことに主眼がおかれず、ゆっくりでも完走することが重視されているため、完走にかかる時間制限がないことも人気の理由かもしれません。

スポンサーリンク
honolulumarathon1973レクタングル大

ホノルルマラソンの開催地のホノルルは?

ホノルルマラソンの開催地のホノルルは、南国の常夏の島として、ホノルルマラソンに限らず人気の高いリゾート地です。

ホノルルの12月は、日本の季節とは真逆の気候ですが、気温の高さはあるものの湿度の低さから快適な暑さといえます。

一度訪れてみると実感できるのですが、ホノルルは日本にない解放感と地元の人たちのホスピタリティを感じられる魅力のある街です。

その自然環境と人の良さが、ホノルルマラソンにランナーが惹きつけられる人気の最も大きな理由だと、個人的には感じています。

ホノルルマラソンの人気の理由には何が?

ホノルルマラソンの人気の理由には何があるか、これにはそれぞれのランナーで答えが違ってきます。

初心者のランナーでは、国内レースで完走したくても関門などで時間制限を経験し、完走できないことを克服できる可能性をホノルルマラソンに見いだすランナーも多くいます。

ホノルルマラソンのレースには、完走のための時間制限がなく、12時間近くかかってゴールするランナーでさえ、ゴールゲートでオフィシャルのスタッフが出迎えてくれます。

最後尾のランナーが、ゴールにたどり着くことを諦めない限り、ゴールゲートを開けて対応してくれるアロハスピリッツと呼ばれる精神が、ランナーを惹きつけていると思います。

しかも、ホノルルには、数多くのマリンレジャーやショッピング、グルメ、観光などさまざまに楽しめる場所やイベントがあります。

ホノルルマラソンのレースだけではないホノルルの魅力が、ホノルルマラソンの人気の理由ともなっています。

ホノルルマラソンの魅力は、一度走ることで?

ホノルルマラソンの魅力は、一度走ることで体感することができ、その人気の理由も自ずと理解できます。

ホノルルには、観光リゾート地としての気候や機能がすべて備わった街といえ、マラソンに参加しない家族も十分に楽しめる環境です。

ホノルルマラソンの大会運営に感じられるホスピタリティの高さは、他のマラソン大会にはない魅力であり、そのことが人気の理由ともいえます。

マラソンを走ってみたいと思う初心者のランナーには、最もおすすめなレースだと思います。

スポンサーリンク
honolulumarathon1973レクタングル大

honolulumarathon1973レクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする