ホノルルマラソンで使用されるチップとは、どんなもの?

多くの市民マラソンのレースでのランナーのタイム計測には、シューズなどに取り付けるチップが利用され、ホノルルマラソンでも同様です。

ホノルルマラソンで利用されるタイム計測のためのチップは、2007年にSAIタグへの変更が計画実施されるものの、計画の発表が直前であったことだけでなく、豪雨の中で計測ができなかったランナーがいる事態を引き起こしました。

ホノルルマラソンのレースでのタイム計測は、2000年以降の大会でチップが利用されることで、ランナーのネットタイムとグロスタイムの計測が可能になりました。

ホノルルマラソンでシューズにつけるチップは、完走後のランナーにとって、記念品ともなる品物の一つです。

スポンサーリンク
honolulumarathon1973レクタングル大

ホノルルマラソンのランナーには、ゼッケンとチップが?

ホノルルマラソンのランナーには、ゼッケンとチップがレースでの身分証明書として活用されます。

92年、93年頃に参加した際には、ゴールした際に係員の方が、ゼッケンにチェックを入れ、タグを回収してもらう場所がありました。

現在では、ランナーの完走タイムの効率的な計測とゴール後の係員の方の手間を、チップの活用で省いています。

チップは、あくまでランナーのゼッケンナンバーに紐付けされているので、完走証明書などの受け取りには、ゼッケンナンバーの提示が必要です。

ホノルルマラソンに参加したランナーにとっては、開催される大会毎に違うチップのデザインは、記念品にもなります。

ホノルルマラソンのツアーでは、チップが?

ホノルルマラソンのツアーでは、チップが必要な場所や場面があります。

ホノルルマラソンのレースでのタイム計測のためのチップについては、前述の通りです。

ホノルルは、日本とは違うチップの文化があります。

このチップは、日本から参加者は、さまざまな支払いの場面で戸惑いを感じます。

チップは、人が自分のためにサービスを施してくれたことに対して、代金の支払いに1割や2割の金額を上積みするものです。

日本で金額を曖昧に表現する「お気持ちで」といったニュアンスをチップがもつため、支払いの場面や状況の相場を調べておくことをおすすめします。

ホノルルでは、レースのチップと支払いのチップ?

ホノルルマラソンに参加すると、ゼッケンナンバーとタイム計測のためのチップが渡されます。

チップには、ランナーのゼッケンナンバーなどの情報とレースでのタイム計測に活用されます。

ホノルルの街では、レースに活用されるチップとは違うチップがあります。

ホノルルはアメリカの一つの州であることを実感するチップの習慣は日本との違いを体感するものであり、金額の相場や支払い方法については、添乗員さんやツアーデスクなどで、事情を調べておくと良いと思います。

スポンサーリンク
honolulumarathon1973レクタングル大

honolulumarathon1973レクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする