ホノルルマラソンに向けた効率的な練習方法には?

ホノルルマラソンに向けた効率的な練習方法には、レース当日にも利用できるスローディスタンス走やビルドアップ走が適していると考えます。

ロングスローディスタンス走は、ホノルルマラソンを開催するきっかけともなったものであり、ホノルルマラソンでの完走時間の制限が設けられていない理由の一つといえます。

ホノルルマラソンの完走を目指した主な練習にはジョギングを中心としたものを継続しますが、その練習の合間に練習強度を上げる目的として、ロングスローディスタンス走を行うことがオススメですが、長時間の練習時間が必要となるため、週末などに集中しておこないます。

ロングスローディスタンス走を行う時間的な余裕がないときには、ビルドアップ走での練習方法も効果的です。

スポンサーリンク
honolulumarathon1973レクタングル大

ホノルルマラソンに向けた日頃の練習方法には?

ホノルルマラソンに向けた日頃の練習方法には、有酸素運動の効果が現れる20分以上の時間を継続したジョギングを毎日継続する事で十分だと、個人的には思います。

ジョギングをする時間を最低でも20分とするのには、筋力強化や心肺機能の向上のためには、有酸素運動としての効果を期待するための基準と考えます。

ホノルルマラソンの完走のためには、長時間体を動かし続けることを可能にしておくことで、歩いてでも完走することが可能です。

完走タイムをサブ4やサブ5といった具体的な目標とする時間を設定する場合の練習や、時間を気にしないものの少しでも楽にゴールしたい場合には、このジョギングの練習方法に加え、追い込み練習としてのロングスローディスタンス走やビルドアップ走での練習方法を行います。

ホノルルマラソンを楽に走るための練習方法は?

ホノルルマラソンを楽に走るための練習方法は、前述のように、ロングスローディスタンス走やビルドアップ走での練習方法を週に一回ないし、2週に一回程度行ないます。

ロングスローディスタンス走は、喋りながら走ることができる程度のスピードで、可能な限り長時間を走る事が練習方法で、2時間程度を目安とします。

この練習方法では、仕事をしながらの社会人が日頃の生活の中では時間的に無理がある場合も多く、週末などの時間が取れる際に行うことがオススメです。

心肺機能の向上や、脚力の強化を短時間で行うには、ビルドアップ走での練習方法があります。

ビルドアップ走では、例えば5キロの練習区間を1キロごとの区間に分けて、最初の1キロのペースを最も遅く走りだし、2キロ目でラップタイムを10秒程度早くし、3キロ目にではさらに10秒早く、最終区間では全力疾走して駆け抜けるようにします。

この方法では、普段の練習時間を延ばす事なく、練習強度を上げることが可能です。

ホノルルマラソンの完走のための練習方法には?

ホノルルマラソンの完走のためには、半年程度の期間毎日30分程度ジョギングを継続して行うことで可能だと個人的には思います。

効率的な練習方法には、これに加えて、週に一回ないし二週に一回程度のロングスローディスタンス走を行うことで、多少なりとも楽な走り方につながります。

ただ、練習時間の都合を考慮すれば、ビルドアップ走での練習方法が、時間的には効率的なやり方です。

練習スケジュールと仕事などのスケジュールの関係を考慮して、練習方法を選択することをおすすめします。

スポンサーリンク
honolulumarathon1973レクタングル大

honolulumarathon1973レクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする