ホノルルマラソンを走るには?目指すために必要なことは?

ホノルルマラソンを目指すランナーの多くは、初心者が多く、それぞれのランナーで目標も目的も違います。

ホノルルマラソンを走るには、他のマラソン大会とは違い、ランナーの経歴や過去の完走タイムなどの実績も必要とされず、7歳以上のランナーであれば、誰でも参加することが可能です。

しかも、ホノルルマラソンでは、レース区間ごとの関門やゴールまでの完走時間の制限などもなく、ランナーが走ることを諦めなければ、ゴールゲートが閉められることはありません。

ホノルルマラソンを走るには、それぞれのランナーの目標によって、練習計画をたてて継続したランニングを習慣とすることが最も効率的です。

スポンサーリンク
honolulumarathon1973レクタングル大

ホノルルマラソンを走るには?

ホノルルマラソンを走るには、目標とする完走タイムなどを明確にし、できれば、一緒に目標を目指すランナーの友人を見つけておくことです。

ホノルルマラソンの参加を目標として一定期間の練習期間を過ごす場合、一人でのトレーニングでの効果も十分期待できるものの、仲間の存在は情報交換や目標達成までの切磋琢磨が可能です。

自己流での練習計画をたてた習慣化された練習の見直しの際などには、周囲に同じ目標を持つ仲間の存在があれば、より効率的な修正が可能です。

しかも、ホノルルマラソンを目標とする仲間の存在は、ツアーに参加する際にも心強い支えとなってくれます。

ホノルルマラソンの完走を目指すには?

ホノルルマラソンの完走を目指すには、運動初心者の場合には、最低でも半年程度の期間が必要と考えます。

完走だけを目標とする場合、脚力、筋力や心肺機能を、フルマラソンの距離を歩き続けることが可能な水準にすることで可能です。

そのためには、1カ月目には、走るスピードではなく、歩いたり走ったりしながら、30分程度の継続したジョギングを中心とした練習を習慣化することです。

2カ月目には、走る時間を15分程度長くし、3カ月目には、1時間程度のジョギングを習慣化できるようにします。

1時間程度連続して走ることができるようになれば、ハーフマラソンの距離を走ってみます。

ホノルルマラソンの大会ひと月前をめどに、30キロ走に挑戦してみることも、それまでの練習成果の確認と、フルマラソンの疑似体験としての練習になります。

このように、ホノルルマラソンの完走を目指すには、週単位や月単位での練習計画の目安や目標を明確にしておくことが重要です。

ホノルルマラソンの完走を目指して走るには?

ホノルルマラソンの完走を目指して走るには、事前の目標の設定とそれに対する練習計画の作成が必要です。

できれば、ホノルルマラソンを目指すランナーの友人や仲間と一緒に練習することができれば、切磋琢磨することも可能となり、一人でのトレーニングよりも効率的に行えます。

ジョギング中心のトレーニングを習慣化して継続することは、フルマラソンを多少なりとも体への負担を軽減して走るには必須です。

その練習計画についても、自分の練習している内容と仲間の練習内容を比較検討しながら、修正することも有効な練習につながります。

ホノルルマラソンの完走だけを目標とした場合、半年程度の期間を習慣化したジョギングが基本といえます。

スポンサーリンク
honolulumarathon1973レクタングル大

honolulumarathon1973レクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする