ホノルルマラソンを初心者が完走する練習は?練習期間には?

ホノルルマラソンに参加するランナーには、初心者ランナーが多く、自己流での完走するための練習を、ある程度の練習期間積んでいます。

初心者ランナーといっても、それまでの運動経歴や体力の違いで、練習に必要とされる練習期間が違ってきます。

ホノルルマラソンの参加ランナーの多くは、初マラソンの人やマラソン参加回数の少ない人が多く、マラソンの完走を目的とするランナーが多いと思います。

完走タイムを競うトップランナーとは違い、一般的な市民ランナーでは、最低でも半年程度の練習期間が必要とされており、この期間にフルマラソンの距離を走り続ける筋力と心肺機能を鍛えておくことが必要です。

スポンサーリンク
honolulumarathon1973レクタングル大

ホノルルマラソンの完走のために必要とされる練習には?

ホノルルマラソンの完走のために必要とされる練習には、毎日継続したジョギングを中心とした内容と、持久力アップのためのスピード練習があります。

一般的には、ホノルルマラソンの大会から最低でも半年前から継続した練習期間を必要とします。

週単位で練習メニューを予定して、月単位での見直しをすることで効率的な練習が可能です。

まずは、マラソン初心者は、30分を正しいフォームで歩くことからはじめ、その後30分を走り続けることを毎日継続した練習を続けます。

30分を連続して走ることが可能になれば、走る時間を10分程度づつ延長したジョギングを継続します。

ホノルルマラソンの完走には、時間制限がない?

ホノルルマラソンの完走には、時間制限がないため、初マラソンやマラソン初心者が参加する場合には、完走タイムを縮めることよりも、筋力と心肺機能を向上させる練習をすることで、完走のための身体への負担を多少軽減することが可能です。

そのためには、前述のように30分を基準に、徐々に走ることのできる時間を延長する練習を積むことです。

この練習は、ロングスローディスタンス走法を活用した内容で、ゆっくりしたスピードで長時間走り続けることで、筋力の強化と心肺機能の向上が期待できます。

走り続ける時間が長くなれば、ホノルルマラソンでの完走を目指す場合には、最も有効な練習です。

この練習には、時間が必要なため、半年程度の練習期間を設けておくことで、気持ちにもゆとりをもって取り組めます。

ホノルルマラソンの完走には、まずジョギングを!

ホノルルマラソンの完走には、まずジョギングを毎日継続することで可能です。

個人的に初心者ランナーとして参加し完走した練習では、毎日、20分以上のジョギングを練習期間として約半年継続したことで、約6時間20分程度での完走が可能でした。

特別なことをしたわけではなく、朝や夕方の時間が取れる時間に、毎日ジョギングを最低でも20分継続することだけをしました。

有酸素運動であるランニングやジョギングの効果には、脂肪が燃焼され始める15分以上連続した運動でなければ効果がないといわれているので、走る時間だけには注意していました。

ホノルルマラソンの完走には、基礎体力と筋力が鍛えられていれば、歩いてでも完走が可能ですので、特別な負荷をかけた練習は必ずしも必要としません。

スポンサーリンク
honolulumarathon1973レクタングル大

honolulumarathon1973レクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする