ホノルルマラソンの記録確認の方法には?

ホノルルマラソンの記録確認の方法には、レース当日では、ホノルルマラソン協会のオフィシャルサイトでレース結果を随時更新しているので、ゼッケン番号を入力することで確認が可能です。

ホノルルマラソンのレース翌日からは、同様にして、完走した全てのランナーの記録確認が可能になります。

家族や友人が参加する際に、レース開催の前にゼッケンナンバーを教えてもらっておけば、日本国内からも記録確認できます。

ランナーの記録管理に、ゼッケンと同時に配布されるチップが、記録のデジタル管理を可能にしています。

スポンサーリンク
honolulumarathon1973レクタングル大

ホノルルマラソンの記録確認にも?

ホノルルマラソンの記録確認にも、さまざまなツールの発達により、以前とは違い、さまざまに変化しています。

私が参加した22回大会には、ネットで記録確認する方法はなく、上位入賞者の表彰をカピオラニ公園内での表彰で知る程度で、翌日の完走者一覧タブロイド紙で記録確認していました。

以前の大会では、ゴールするとオフィシャルの手によってタグが切り取られ、そのタグを機械に読み込んで記録されていたようです。

現在では、ランナーにゼッケンが配布される際に、記録データ取得のためのチップも配布され、レースの記録が自動的に把握されています。

ホノルルマラソンの記録確認の内容には?

ホノルルマラソンの記録確認の内容には、ランナー毎の完走タイムだけでなく、年代別の順位や総合順位なども確認できます。

ホノルルマラソンには、最低年齢7歳からの参加者がいて、それらの参加者を5歳間隔で区切った順位表示や、レース全体での順位の記録確認が可能で、これらの記録は、完走証にも表記されます。

つまり、ランナー個人の記録確認には、レース当日のオフィシャルホームページ上で、翌日からは、これに加えて、完走証、完走者一覧のタブロイド紙などでも記録確認が可能です。

しかも、自分の完走証は、パソコンにダウンロードすることが可能ですので、データとして持ち歩くことも可能です。

昔の大会と違い、ネット環境の利用で、記録確認の方法に速報性と随時性の両面が確保されています。

ホノルルマラソンの記録確認は、ゼッケンで?

ホノルルマラソンの記録確認は、現状では、ホノルルマラソン協会のオフィシャルサイトに接続することで可能です。

当日の記録確認には、ランナーのゼッケンナンバーが必要で、レース翌日には、完走者全員の完走タイムが表示されますので、友人などの記録も確認することが可能です。

以前の大会では、レース翌日に配布される完走証やタブロイド紙での記録確認が中心でしたが、現在では、ネットを活用した方法が広がっています。

スポンサーリンク
honolulumarathon1973レクタングル大

honolulumarathon1973レクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする