ホノルルマラソンの帽子の役割は?本当に必要か?

ホノルルマラソンを走るために準備するウエアや持ち物は、同時期の国内でのマラソン大会とは少し違います。

国内でのマラソン大会が開催される12月前後の時期は、ホノルルと同じく冬の季節ですが、緯度の違いで気象条件はまるで違います。

そのため、ホノルルマラソンに参加するウエアや持ち物の選択には、快適に走るために通気性のよい速乾性の高いものを選び、日差し対策としてのスポーツサングラスや帽子の準備が必須です。

特に帽子は、国内のマラソン大会では利用するランナーは少ないと思いますが、ホノルルマラソンを走るには必携といえます。

スポンサーリンク
honolulumarathon1973レクタングル大

ホノルルマラソンを走るための帽子の役割は?

ホノルルマラソンを走るための帽子の役割は、強い日差しを遮ってくれることはもちろん、レース途中での雨の時には頭が濡れることを防いでくれます。

特に、つばのある帽子を利用しておけば、強い日差しでの目の疲れの軽減効果と、雨で頭が濡れる事での体力の消耗を軽減してくれる効果と顔が濡れない事での精神的な不快感の軽減の役割も果たしてくれます。

ホノルルマラソンでは、日本国内のマラソン大会とは違い暑さ対策が必須になります。

通気性がよく速乾性の高いウエアで涼しい格好をすることと同時に、頭を暑くしない事で体力の消耗を軽減するために、つばのある帽子がその役割を果たしてくれます。

ホノルルマラソンでの帽子には?

ホノルルマラソンの帽子には、過去に参加した経験からすれば、綿100パーセントの黒の帽子はやめたほうが良いと思います。

帽子の生地には防水効果のあるものを選ぶほうがよく、色も黒は熱を吸収してしまうために選ばないほうが良いのです。

ホノルルの気象では、ほんの短い時間のスコール的な雨も多く、その際の雨具の代わりにもつばのある帽子は役目を果たしてくれます。

日本国内のマラソン大会では、気温の低い冬の時期が多く、帽子やサングラスの使用になれないランナーも多いため、ホノルルマラソンで走ることを想定して、事前に帽子やサングラスを使用した練習もしておくことをおすすめします。

ホノルルマラソンでは、暑さ対策の帽子を!

ホノルルマラソンの開催される12月は、昼間には30度近くまで気温が上昇し、陽射しも強烈です。

そのため、強い日差し対策のためにも、ツバのある帽子を使用することが必須です。

ツバのある帽子を被っておく事で、突然の雨で頭を濡らすことも防げ、顔を濡らすこともなく、体力の消耗を軽減できます。

日本で開催される同時期のマラソン大会と違い、帽子やサングラスでの暑さや日射し対策をすることが、ホノルルマラソンを快適に走るために必要です。

スポンサーリンク
honolulumarathon1973レクタングル大

honolulumarathon1973レクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする