ホノルルマラソンでの雨には?対策は?

常夏の島ハワイのホノルルマラソンに雨のイメージはないかもしれませんが、過去の大会では、レース時間中の一時的な雨などが降ったこともあります。

ホノルルマラソンでは、スタート時の肌寒さと真昼の気温の差の対策に加え、雨に対する準備も頭の隅に置いておくことが必要です。

給水所での水がシューズにかかることへの対策と同時に雨を考慮することで、帽子の活用やワセリンの使用が有効です。

マラソンを走る際に、不要な水が体にかかることは不快感を感じると同時に、体力の消耗にもつながります。

事前の天気予報なども参考にしながら、雨に対する準備をしておくことで、快適に走ることができます。

スポンサーリンク
honolulumarathon1973レクタングル大

ホノルルマラソンでの水に対する準備に?

ホノルルマラソンでの水に対する準備に、ワセリンを使用することが便利です。

ホノルルマラソンに限らず、マラソン大会ではエイドステーション周辺での給水カップが溢れることでシューズに意図しない水濡れを受けることがあります。

シューズを濡らすことは、走る際の不快感と足のマメの可能性を高めます。

少なくとも、足の指や足全体にワセリンを塗り込んでおくことで、マメができる可能性を抑えることができます。

このことは、雨によるシューズの濡れの対策としても有効で、ワセリンの利用は、雨による体温低下を防ぐことにも効果があります。

ホノルルマラソンの暑さ対策の帽子が?

ホノルルマラソンの暑さ対策の帽子が、雨対策にもつながります。

日本国内でのマラソン大会では、気象や気候の状況から、帽子を使用することは少ないのですが、ホノルルマラソンでは強い日差しと暑さの対策としてつばのある帽子を利用することは必須です。

使用する帽子に防水効果のある生地を選択することで、一時的な小雨程度の雨の対策としては十分な効果が期待できます。

つばのある帽子で、顔に雨があたることが避けられ、頭を濡らすことでの体力消耗を軽減することもできます。

ホノルルマラソンでは、帽子を利用することで、本来の暑さと日差し対策と雨に対しても効果が期待できます。

ホノルルマラソンでの雨対策には?

ホノルルマラソンでの雨対策には、まずは天気予報を調べることで雨の可能性を知っておくことです。

雨の可能性の有無にかかわらず、レース当日に足全体にワセリンを塗り込んでおくことで、雨と給水所での水の対策が可能です。

それに加え、防水生地の帽子を被っておくことで、一時的な雨には十分な効果が期待できます。

ホノルルマラソンも他のマラソン大会と同様、雨の可能性を頭において、準備をしておくことで快適に走ることが可能です。

スポンサーリンク
honolulumarathon1973レクタングル大

honolulumarathon1973レクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする