ホノルルマラソンには、誰でも参加できるの?

ホノルルマラソンには参加するための条件がほぼ無いため、誰でも参加できるマラソン大会です。

一般的な市民マラソンの大会に参加するためには、参加するランナーのこれまでの記録や年齢、性別などに条件が課せられたり、区間ごとに時間制限がある大会も多いのです。

マラソンの大会に参加するための条件設定には、参加するランナーのためのものと設定されているレースコースの交通事情によるものがあります。

ホノルルマラソンには、誰でも参加できるマラソンの大会となっているのは、初回大会の開催趣旨が健康増進を目的としていたことも大きく影響していると考えられます。

スポンサーリンク
honolulumarathon1973レクタングル大

ホノルルマラソンに参加するための条件は?

ホノルルマラソンに参加するための条件には、7歳以上であることがあげられ、14歳未満の参加者には親権者の伴走も必要です。

ホノルルマラソンには、基本的に、誰でも参加できる大会運営が行われています。

多くの市民マラソンの完走のための時間制限やレース区間ごとに設けられる関門などが、ホノルルマラソンにはありません。

そのため、子供からお年寄りまで、マラソンの完走を目指して誰でも参加できる世界的にも珍しい大会です。

ホノルルマラソンを走ってみると?

ホノルルマラソンを走ってみると、男性、女性、さまざまな年齢層、さまざまな仮装したランナーと多種多様です。

多種多様な価値観を持つランナーたちが、世界各国から誰でも参加できるホノルルマラソンには、参加しているランナーと運営に関わるさまざまな人の寛容さを感じます。

先頭集団を作るトップ選手たちは、タイムそのものの実績のためにしのぎを削り、後方ではマラソンの参加を楽しむランナーまでさまざまです。

初めてホノルルマラソンを走ってみると、完走までの時間制限を考えることなく、自分が走ることだけに集中でき、コース周囲の環境も寛容さとあたたかさを感じました。

ホノルルマラソンには、誰でも走ることが可能!

ホノルルマラソンの参加には、7歳以上であれば、誰でも参加できる大会の運営がなされています。

ホノルルマラソンには、マラソン初挑戦のランナーや他の市民マラソンで完走が難しいランナーも寛容に受け入れてくれます。

完走タイムなどに制限がないホノルルマラソンでは、誰でも参加できるうえ、誰でも完走を目指すことが可能で、完走率が99パーセントという数字にも現れています。

ロングスローディスタンス走法を実践することができるランナーであれば、誰でも参加できるマラソン大会であり、完走も可能なレースです。

スポンサーリンク
honolulumarathon1973レクタングル大

honolulumarathon1973レクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする