ホノルルマラソンに関するさまざまな注意点

ホノルルマラソンに限らず、日本国外で開催されるマラソンに参加する場合には、いろいろな注意点があります。

日本国内のマラソン大会への参加には、言葉の問題もなく、突発的な問題でもほとんどのランナーが、対処可能だと思います。

ところが、ホノルルマラソンなどの国外での大会に参加する場合には、文化や習慣の違いからの注意点があり、大会運営でランナーのために配慮される内容には違いを感じかもしれません。

海外でのマラソン大会に参加するには、自分で必要な物の全てを準備しておくことが大前提という心構えが大切です。

スポンサーリンク
honolulumarathon1973レクタングル大

ホノルルマラソンのツアーに参加する際の注意点は?

ホノルルマラソンのツアーに参加する際の注意点は、第1に時差への対応、第2に持ち込む荷物の準備があります。

日本とホノルルには、19時間の時差があるため、19時に日本を発つと同日午前7時頃にホノルルに到着しますので、時差ボケの対策をしておくことが重要です。

また、ホノルルで必要と思うものは、参加者自身が日本から持ち込むことをおすすめします。

ホノルルマラソンのレース以外では、他の海外旅行と同様に、日本とは違う注意点をおさえておくことが重要です。

ホノルルマラソンのレース中の注意点は?

ホノルルマラソンのレース中の注意点には、距離の表示が日本国内の大会とは違うこと、エイドステーションの利用といったことには、注意が必要です。

日本国内のマラソン大会では、距離はキロ表示されていますが、ホノルルマラソンでは、マイル表示がメインです。

日本ではマイルを単位とすることが少ないため、キロ表示との換算が注意点の一つです。

また、ホノルルマラソンでの大半の地元の人達は、アロハスピリッツでランナーを迎えてくれますが、中には以前の大戦の記憶から、反日感情を持つ方もおられます。

そのため、無用なトラブルを避けるためにも、エイドステーションの利用については、オフィシャルサポート以外の利用を避けることが重要です。

ホノルルマラソンの参加での注意点は?

ホノルルマラソンの参加には、海外旅行の側面もあり、マラソン大会の参加の注意点と海外旅行の注意点があります。

海外旅行では、日本国内に比べて犯罪傾向が高い異国の地では、自分の身の安全は自分で守ることが基本です。

そのため、身の回り品であるバックの管理や鍵など、日本国内とは違う注意点があります。

ホノルルマラソンのレース参加での注意点には、キロ表示とマイル表示の違いやエイドステーションの利用方法についての注意点があります。

特に、エイドステーションの利用には、トラブルを回避するためにも、オフィシャルサポートを利用することが重要です。

スポンサーリンク
honolulumarathon1973レクタングル大

honolulumarathon1973レクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする