ホノルルマラソンの完走タイムの確認は?平均タイムは?

ホノルルマラソンでは、完走するまでの時間制限がないため、99パーセントのランナーが完走しています。

完走タイムは、ランナーが胸につけるゼッケンに内蔵されているタグなどを利用して計測されています。

ゴールラインを通過したランナーの完走タイムは、自動的に記録されますので、レース当日にパソコンの画面などから確認することが可能です。

翌日には、参加ランナー全員の記録が一覧できるタブロイド誌が完走証と一緒に配布されますので、この紙面でも、記録の確認ができます。

ホノルルマラソンの記録の確認には、いくつの方法があるものの、ゼッケンナンバーが必要です。

スポンサーリンク
honolulumarathon1973レクタングル大

ホノルルマラソンの平均的な完走タイムは?

ホノルルマラソンの平均的な完走タイムは、初マラソンとして走るランナーの多くが6時間から8時間でゴールしています。

一般的な市民マラソンでは、完走時間に6時間程度の時間制限やレース途中での関門が設定されていることもあり、ホノルルマラソンの完走率は高く、平均完走タイムも遅くなります。

ホノルルマラソンの完走タイムは、公式タイムとしても承認されますので、トップ選手の参加もあり、前列では熾烈なトップ争いが繰り広げられる一方で、どんなに遅いランナーでも、完走を目指した自分のレース展開を味わうことができる世界でも珍しい市民マラソンです。

フルマラソンの距離を平均して、1時間に4キロ歩くことができれば、12時間もあれば完走することが可能で、実際最後尾のランナーのタイムが12時間を超えるケースも珍しくありません。

トップ選手が2時間少々でゴールすることを考えれば、平均すると完走タイムが7時間前後になるのも、当然かもしれません。

ホノルルマラソンの完走タイムの確認には?

ホノルルマラソンの完走タイムの確認には、当事者のランナーはそれぞれに腕時計などで、自分のタイムを気にしながら走っています。

応援の家族は、現地ホノルルでも日本においても、ゼッケンナンバーがわかれば、ホノルルマラソンの公式ホームページから完走タイムの確認が可能です。

ホノルルマラソンを完走できたランナーは、翌日の完走証受け取りの際にもらう完走者一覧(フィニッシャーリスト)のタブロイド紙で自分の記録はもちろん、仲間のタイムや順位の確認も可能です。

二十数年前に参加した際には、タブロイド紙と完走証でしかタイムや平均的なランナーのタイムの確認ができませんでしたが、現在では、ネットを活用したスマホでの完走証の閲覧や印刷、タイムの確認も可能となっています。

これには、ゼッケンに埋め込まれたタグなどが利用されており、確認の際にはゼッケンナンバーが必要ですので、知り合いのナンバーを事前に聞いておくと良いかもしれません。

ホノルルマラソンの完走タイムは、完走証で?

ホノルルマラソンの完走タイムの正式な記録は、レース翌日に受け取る完走証ですが、速報的なタイムの確認には、ホノルルマラソンの公式ホームページからゼッケンナンバーを入力することで確認が可能です。

ホノルルマラソンの完走者には、初マラソンや初心者ランナーが多く、平均すると7時間前後にゴールするランナーが最も多くいます。

複数回参加するランナーは、少しでも自己ベストを更新しようとしますので、この平均的な記録を参考にすると良いかもしれません。

スポンサーリンク
honolulumarathon1973レクタングル大

honolulumarathon1973レクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする