ホノルルマラソンのスタート時間と日本時間は?

日本とホノルルには、19時間の時差があり、日本がホノルルよりも進んでいます。

ホノルルマラソンのスタート時間は、日曜日の朝5時ですので、日本時間では月曜日の深夜0時ということです。

この時差は、ホノルルマラソンに参加するランナーにとっては、厄介な存在です。

日本からホノルルに向かう航空機内での過ごし方で、現地ホノルル到着後の体調や睡眠のリズムに影響がでます。

スポンサーリンク
honolulumarathon1973レクタングル大

ホノルルに向かう航空機内での過ごし方には?

ホノルルに向かう航空機内での過ごし方には、機内でしっかり眠ることが重要です。

日本からホノルルに向かう直行便では、日本時間の夕方出発し、時差の関係からホノルルには、日本出発日の午前中に到着します。

つまり、ホノルルに向かう飛行機内で眠っていないと、到着した時点で連続30時間程度起きていることになり、時差ボケになる可能性大です。

ホノルルマラソンのツアーの多くは、大会の二日ほど前にホノルル入りしますが、到着日の夜眠れない状態にしないためにも、行きの飛行機内での睡眠は重要です。

ホノルルマラソンの時差対策の難しさは?

ホノルルマラソンの時差対策の難しさは、日本からホノルルに向かう機内での睡眠をうまくとり、時差ボケを最小限にとどめたとしても、その翌日には、スタート時間に合わせて深夜の起床が必要なことです。

ホノルルマラソンのスタート時間は、前述したように、現地時間の朝5時ですので、マラソンを走るランナーはその4時間前には起床し、食事や体調を整えるための過ごし方が必要です。

現地ホノルル到着時に、時差の調整ができていれば、レース前日の夜の睡眠が非常に問題となります。

ホノルルマラソンに合わせて、数週間の単位でホノルルに滞在することが可能なランナーなら、対応の仕方にも余裕がありますが、大抵のランナーは、4泊6日程度のツアーが多く、そのために、日本時間との時差に対策が必要です。

ホノルルマラソンの攻略には、時差ボケ対策も!

ホノルルマラソンの攻略には、日本時間とホノルルの19時間の時差に対する対応をすることも重要な要素の一つです。

現地ホノルルに向かう飛行機内でいかに睡眠をとり時差ボケを防ぎ、ホノルルマラソンのスタート時間の朝5時という時間に気分良く目覚めることができるかが、日本時間との関係から、意外にも難しいことなのです。

逆に、ホノルルから帰国する際には、ホノルルからの直航便であれば、昼に出発し夜に到着するケースが多く、機内で眠ってしまうと逆に帰国後眠れないかもと考えますが、マラソンの疲れから、帰国した夜には熟睡していた経験があり、帰国後の時差ボケは気になりませんでした。

ホノルルマラソンのスタート時間と日本時間の関係は、頭において、行きの飛行機内での過ごし方に配慮することをおすすめします。

スポンサーリンク
honolulumarathon1973レクタングル大

honolulumarathon1973レクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする